家財 宅配便 安い

家財宅配便が安い@引っ越しするならこちらがおすすめ

家財の宅配便をご存知ですか?

 

・例えば使わなくなったタンスを知人にあげたい
・冷蔵庫を買い替えるので前の冷蔵庫をオークションで売った

 

家財宅配便は、こんな場合に大きな家財を1つだけ送りたいときに便利なサービスです。

 

引越しの時や荷物が複数あるときは、引越し業者の大きな家財だけを運んでくれるサービスがオススメです。

家財宅配便

家財の宅配便

家財 配達

家財 送る

 

意外と知られていないのですが、引越し業者には大きな家財だけを運ぶというサービスがあります。
冷蔵庫だけ、タンスだけ、ピアノだけ運んで欲しいという依頼は結構多いのです。

 

しかも、一括見積もりもできますので料金比較も可能です。
できるだけ安く運びたいという方にもオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しではすることが多いですから、簡単な手順を先に確認しておきましょう。
まず引越しというくらいですから引越し業者への見積もりをしたいところですね。

 

しかし新居が決まってからでないと、正確な金額が見積もり出来ません。
そこで、見積もりのタイミングは新居が決まったらすぐにがオススメです。

 

さて、荷造りには時間がかかるのでできるだけ時間に余裕を持って行いましょう。
普段使わないものや、季節外れの洋服などからダンボールに詰めいきましょう。

 

もし不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。転出届は市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があれば、ついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて、費用の精算の手配をしてもらいます。
ガスは大元の元栓を締める立会作業があるところが多いです。時間を調整しましょう。

 

郵便物が届かなくなるのはこまりますね 。
郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、だいたいは引越し業者にお任せ下さい。
家具の配置を指示してください。はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

しかし自分で運ばなければならない荷物もあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
これらを連絡し忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し 繁忙期

 

引越し費用は1年間いつでも同じというわけではありません。

 

同じ大きさで同じ重さの荷物を同じ距離運ぶ場合、宅配便や郵便なら定額で送ることができます。
時期によって値段が変わったりすることはありませんね。

 

しかし引越し業者は申し込む月によって値段が変わります。
よく考えたら他の産業にはあまりない特徴ですね。

 

引越し業者には繁忙期があって、この時期は日本全国どこの引越し業者も本当に大忙しです。
今はトラック運転手不足により、さらに激化しています。

 

繁忙期は3月前後になりますが、これは新学期を迎える4月までに多くの人が新天地を目指して移動するからです。

 

引越し業者もスタッフを増員したり、残業したりとこなそうと頑張りますから、人件費がアップして繁忙期の引越し費用は1年で1番高いです。
もし繁忙期を避けられるならそれがオススメです。

 

 

宅配便を使ってみよう

宅配便

クロネコヤマトの引越し単身ってどうですかって聞きかれます。実際にはやってみた人しかわからないと思いますが、やってみるとよくわかると思います。
冷蔵庫は長く使っていなければ、壊れることがないですから、宅急便でバビュンと送ってしまえば料金もさほど掛からず便利だと思います。
単身赴任で引っ越しをするという方には便利なサービスですから使ってみるのもいいと思います。

 

単身赴任といえば転勤ですが、転勤のデメリットがありますね。
転勤のデメリットは何と言っても住み慣れた土地を長期的に離れなければならないことです。
せっかく親交を深めたご近所付き合いや習い事、近所の飲食店などとの交流も一旦途絶えてしまいますし、再び同じ地域に戻れることが分かっている場合はともかく、会社によっては定期的に違う地域に転勤させられてしまいますから、落ち着く暇もありません。

 

特に問題となるのが、既婚者の場合の転勤です。
最近は共働きのケースも少なくありませんから、子供がいない夫婦でも簡単に一緒に引越すわけにはいかないようです。
また、子供がいなくても介護が必要な親御さんなどと一緒に暮らしている場合や既にマイホームを購入している場合、やはり単身赴任を考えなければなりません。

 

もちろんまだ独立していないお子さまがいらっしゃる場合、単身赴任するにしても引越すにしても苦労は絶えません。
実際、親御さんが転勤中に通学していたお子さまの場合、転勤を繰り返すことで中々友達ができにくい性格になったり、せっかく仲良くなってもまたすぐ違う地域に転勤しなければならなくなり、何かと辛い思いをするようです。

 

習い事をするにしても同じ施設、先生に従事することが難しいとの声もよく見聞きしますし、こういったご家族への影響は転勤に伴うデメリットと言えるでしょう。
転勤先が自然豊かな地方の場合、旅行気分を味わえるようなメリットもあるかも知れませんが、延々と工場街が続く空気の悪いエリアに転勤させられることもありますし、自然の厳しい地域も住み慣れない方には苦労が絶えない筈です。
引っ越しの際にはクロネコヤマトの引越し単身や宅急便を使って料金を抑えて荷物を送ってしまいましょう。